╋━  Fri  10-28-2011



木枯らしの季節に..
*



小さな体がとても熱くて..
怖くて不安で、眠ることのできない夜をふたつ越えました。

突発かな..と、お医者さん。
こんなに辛く苦しんでいるmaaの姿を見ておきながら
母に預けてお仕事へ向かう朝はとても心が痛みます..

明け方にかけて荒い呼吸に声も出せず、
小さくぐったりと横たわっているmaa

傍にいてあげられなくてごめんね、と
髪をそっと撫でてせめてもの愛を残し
母にお願いをしてそっとお仕事へ行こうとすると、
ぼんやりとした意識のなか
私を見つめて小さな手を振り見送ってくれて..

そんな健気な姿に抑えていた想いが涙となって
ドアの向こう側で声を殺して泣きました。

今日はyuuの参観日でお休みをいただいていたので
午後はmaaとふたり、お家でゆっくりと過ごしました。
ご機嫌に遊んで、お食事とお昼寝もたっぷりと..

時折、高熱のために鼻血がでたりと
まだまだ心配も拭えずにいますが、
少しずつ、少しずつ、元気な姿に戻ろうと頑張っています。

どうか一日も早く
maaのお熱が下がりますように..


 Luulen että - 想うこと        + ゲストブック



2020-08